クリーンブースを設置することのメリットとは?

クリーンブースは設備費用を安価に

クリーンブースは設備費用を安価に 室内全体をチリやホコリ、細菌などを減らしてコントロールすることは設備に大きな経済的な負担が必要となります。
しかし、その仕事内容により、そのような空間が必要となる場合があります。
その時にクリーンブースを備えることは建設費用を安価に抑えることができます。
室内全体をクリーンにする場合に比べると温度、湿度、気圧を細かな設定を行えることで、エネルギーも省エネルギーとできます。
また、クリーンブースの設置は室内の限られた場所にすることができることで限られた場所を有効に利用できます。
作業の内容などによりクリーンブースのサイズやクラスなども希望の仕様にできることで安価に設置できます。
構造にアルミを使うことで組み立てをしたり、また、解体などをする時にも簡易にできることや、使っている内にクリーンブースの清浄度を上げたいとか、拡げたいとか、照明を増やしたいなどの要望に対しての対応もできる品質の良い利便性が高いものです。

クリーンブースに必要なクラスの種類

クリーンブースのクラスとは浮遊粒子濃度が室内における微小粒子の流入や生産、そして停滞を最小限までするようにすることを言います。
これは、建設や使用する際に多く活用することがあります。
実際どのようなことに使用されているのかと言いますと、温度や湿度、そして圧力など必要に応じて制御されています。
クリーンブースのクラスは2つあります。
1つは半導体を中心とする電子工業、精密機械工業におけるクリーン環境のインダストリアルクリーンブースともう1つは薬品工業や食品工業、病院などにおける菌の無い場所における環境でウイルスやカビ、細菌類が製品混入しないようにするバイオロジカルクリーンルームがあります。
よりクリーンな環境を保つものとして必要なことは作業者や生産装置を計るブース内の発塵量、種類と用途を主にするエアフィルタ、非一方向流に必要な換気回数、一方向流や非一方向流に必要な気流性状、室内清掃状況における保守管理があります。